フォト
無料ブログはココログ

ブログバーツ

  • アンジェ

山ガール

2017年2月 2日 (木)

再びかんじきハイキング

貸してもらったかんじきでの、かんじきハイキングが楽しかったので

かんじきを早速購入し、猿倉山からかんじきハイキングに行ってみた。

家でのんびりしてたらスタートが10時だったのと、

予想以上に雪が多くて、下の方の駐車場から歩かなくてはならなくて

小佐波御前山まで行けなくても、行けるとこまでで良いよね~って感じで登り、

丁度お昼頃に見晴らしの良いとこに出たのでそこをゴールにした。

お昼ご飯は、カップラーメンにおにぎりに

コーヒーにチョコレート。山で食べると何でも美味しい~heart04

P_20170128_122146


P_20170128_122233


P_20170128_130136

2017年1月23日 (月)

かんじきハイキング

昨日かんじきハイキングに誘ってもらい、上市のハゲ山に行ってきた。

かんじき初体験

P_20170122_084949

普通山登りは登山道ってものがあって、そこをテクテク歩くのだけど

この時期の山は雪でどこが道だか分からない。

なのでどこでも自由に歩いてOK。

サクサクと新雪を踏んで歩くのは楽しいしnote

P_20170122_091556
私達以外にも何組かが雪山ハイキングを楽しんでたよ~note

かんじきを履いていても、たま~にズボズボ~って沈むけど

結構サクサク歩ける。昔の人の知恵。

P_20170122_102338墨絵の様な素敵な景色


P_20170122_102440

下山後は、Mさんの山のお家にお邪魔して、

囲炉裏を囲んで新年会note

「ますいずみ」の大吟醸旨しheart04

P_20170122_115830

2016年6月29日 (水)

負釣山

タクトのイベントで女子登山部・負釣山参加者募集~の記事を読み

年に1・2度ハイキングに一緒に行く、

Sちゃん・ミカエルさん・himachanとで参加したのは今月の始めだった。

登山部監督佐伯さんと、応募した女性ばかり20人チョイと

タクトのお姉さん2人と、ランプジャックから男性2人の

私が行った登山で一番大所帯の登山だった。

集合場所が入善町の負釣山登山口だったため、

朝6時半ごろSちゃんちに行き、コンビニでお昼ご飯を調達して集合場所を目指した。

登山口には仮設のトイレも有り、女性にはポイントが高い山happy01

輪になって自己紹介・写真撮影した後いよいよ登山スタート

1467175189599


1465038563815


1465038589080


1465038569980

いきなり急登で息が上がったけど、そこは山のプロが同伴しているから

何度も何度も休憩を入れてくれて、頂上にたどり着いた。

4人だけだったら選ばないような、私たちにとってはレベルの高い山だったけど、

登るだけで精一杯で無口になったけど、苦労すると達成感が味わえるgood

1467175179717

頂上ではSちゃんがノンアルをリュックに入れて登ってくれたから

皆で乾杯も出来た~heart04

P_20160604_121445


1時間程休憩をした後、下山。

ロープにしがみ付いて、体中を使って下山した。

脚が疲れていて踏ん張りがきかず、みんなでスベルスベル(笑)

帰りはバーデン明日に立ち寄り、温泉で汗を流してから帰宅した。

登山した後の温泉って最高だ~~~

2016年4月 4日 (月)

フォト・ウォークwithくろワンに参加してみた~

先月のこと。黒部で行われた、フォト・ウォークwithくろワンに

ハイキングチームのSちゃん・himachan・ミカエルさんで参加してみた。

フォトウォークとは、当日会場で地図とチェックポイント一覧表をもらい

一覧表に書いてある場所へ行き、指示通りのポーズを皆で取って写真を写し

点数を競い合う。っていうイベント。

去年上市でも似たようなのが開催されたみたい。

チェックポイントは黒部市の石田~宇奈月温泉までの間に49ポイントあり

貰える点数もポイント地点により10点~100点とまちまち。

移動手段は自転車・車以外ならOK。制限時間3時間でどれだけ回れるか?

himachanが朝 車でみんなの家を回り乗っけてくれて黒部へ向かった

車の中で色々作戦を練りながら黒部に到着。

この日黒部駅は新幹線開業1周年イベントで少し賑わっていた。

P_20160312_093022
くろワンちゃんがお出迎え

受付を済ませスタート。

私達は地鉄黒部市内一日乗り放題の「くろワン切符」を利用。

P_20160401_105848


P_20160401_105908


イベント参加者は、みんなお揃いのバッチを付けるの~

エントリー数は30チーム程。

行ってみるまで、こんなのに参加するのは、若者グループだけで

私達かなり浮きまくってるんじゃないかしら~~って心配してたけど

そこは富山県。年配グループもたっくさんおられたsign04

スタートと同時に、皆近くのポイントに向かって走る!! 

新幹線黒部駅の構内では、ふるまい酒イベントもあり、

そちらもしっかり頂いた~good朝酒旨し~~bottle

近場のポイント地点を制覇し、電車に乗り電鉄石田で下車。

ポイント地点で写真を撮り、また電車に乗り電鉄黒部駅で降りポイント地点を探す~

こんな風に3時間私たちなりに楽しく頑張ったItalp8euxp8rqah1459743006_145974308


U8gz2gle3nonnyv1459742828_145974294


Rj5af3qsprbosrs1459742408_145974259

小腹が空いたら、くろワン切符を見せたら、割引サービスが受けられるお店で

いちご大福やコロッケなんかも美味しく食べたし~

最後駅と反対方向に歩いてしまい、

ゴール時間に間に合わなくなりそうだったので、

1~2キロ割とマジで走ったし~

息を切らし制限時間内に無事ゴールし、スタッフの人に写真チェックもしてもらって

獲得ポイントの集計をしてもらってる間、

1時間程、近くをウロウロウロウロ・・・・

(今思えば、この間にちゃんとした店にご飯食べに行けば良かったのよね~)

新幹線駅の改札では、ウルトラマン達が

新幹線から降りてきたお客さんたちをお出迎え。

P_20160312_132921
P_20160312_132929

思いがけないお出迎えで喜んでるのは、

子供たちよりウルトラマン世代の親達だったsmile

P_20160312_134226

黒部宇奈月温泉駅では黒部多様性一家ってのを展示してた

シュール過ぎて私達全員言葉を失った~~

待ちに待った結果発表の時間~どうしてこんなに楽しみにしていたかと言うと

商品はタクシーチケット1万円分とか、黒部のお魚詰め合わせセットとか

地ビール館の御食事券とか新幹線のホームで売ってそうなお菓子まで

幅広く沢山揃っていたし、当たる確率も上位チームだけではなく

飛び賞や特別賞も多数有り、グループ以外に個人でも当たる確率があったから~

それに私達結構頑張ったもんnote

色々な賞の発表があり、私達の周りは喜んでいるグループだらけ。

隣にいたグループなんて、グループ内に何人も景品をもらってニコニコしている

人たちがいた。。。。そんなグループがアッチにもコッチにもいた。

なのに私たちったら全く一人も一つも貰えずdown

でも凄いな~って思ったのは1位のチームで全部を制覇したみたい。

服装がランナーだったから、かなり走ってポイントを稼がれたんだと思う。

待ち疲れたのと、寒さと空腹と当たらなかった悲しさから

4人とも機嫌最悪annoyで帰路へ

8号線沿いに3時頃やってそうな飲食店も見つけることが出来ず

魚津のアピタのだんらんやに行った。

P_20160312_152209

その日家族で外食する予定があったので、私はパスタのハーフサイズを食べた~

食事をすると皆穏やかになったheart04

でも前日から風邪気味だったhimachan、

今日1日で風邪が完全に悪化してた~御気の毒。。。。

最近分かったことだけど、私達全チーム中ほぼ真ん中の成績だったみたい。

大会当日に全ての結果が発表されていたら

もうチョット納得もしたのにな~って思ったり~

またどこかでこういうイベント見つけたら、懲りずに参加しよう~smile

2015年11月27日 (金)

千石城山とハゲ山

今週の日曜日、町内の山グループ11人で上市の千石城山に登ったfuji

毎年その年最後の登山は、ハイキング風の山が選ばれるので

11月だけ参加される人もいるの~

集合場所で皆さんに富山マラソン完走おめでとう~って言われ、

嬉し恥ずかし~だった。トホホ~sweat02

車3台に分かれて出発rvcar

登山口に行く途中にある、上市カヌー競技場の手前の、ダムの橋のところで

数台の車が列を作って止まっていた。

訳を尋ねたら、工事の為の時間を区切って通行止めになっていて

通行出来る時間になるまで、車が列を作ってゲートが開くのを待っていたbearing

幸い後10分位でケーとは開かれたけど、1時間で登りサッサと下山しないと

ゲートが開くのをかなりの時間待つことになるらしい~

困ったなぁ~と言いつつも、登山口近くの駐車場で記念撮影

Cci20151127_00000

登山道は整備されててズーット階段が作られていて、ハイキングって感じで

息切れすることなく、ズーッと喋りながら登れる。

予定通り1時間で登頂fuji

Cci20151127_00001
P_20151122_111846_tr_003

晴れてたら剣岳が見えたのだけど、生憎の曇り空で残念~

10分でお弁当を食べて、急いで降りて

ギリキリ通行止めの橋を渡ることが出来そうだがどうしますか~って

リーダーのIさん。急いでお弁当を食べるなんて嫌だ~って私が言ったら

ハゲ山に登って食べるか。とKさんが言いだして

アーモンドチョコでエネルギーを補給して直ぐに下山dash

急いで車に乗り込み、問題の橋も無事通過し、ハゲ山の登山口へ。

登山口から1時間もしない間に登頂fuji

Cci20151127_00002

今回はカップラーメンとおにぎりを持って登ったから、

Iさんにお湯を沸かして貰って食べた。

山の上で食べるカップラーメン最高。

一緒に登ったNさん、ハゲ山と同じ髪型なので、

ワシこの山の名前は絶対忘れん。と自信満々だった~

私も山の名前ってなかなか覚えられないけど、ハゲ山は覚えられる。

これで今年の登山も終わり。

また来シーズン何処に誘って貰えるか楽しみ~

この後つるぎ恋月で汗を流し、

Iさん家で、打ち立ての美味しい新そばを頂いた~delicious

2015年10月 9日 (金)

鋲ケ岳・烏帽子山で山ガール

この間の日曜日、町内の山グループ+Sちゃんを入れた10名で

黒部市にある鋲ケ岳(861m)・烏帽子山(1274m)に行ってきたfuji

前日の天気予報では晴れの予報だったのに、

朝5時半に起きてみたらシトシト雨が降っていたdown

朝4時ごろから降り出したらしい。

ヤフーの天気予報だと段々と天気も良くなるみたいだし、

リーダーさんから何の連絡も無いし、取りあえず朝ご飯を食べたりすることにした。

朝7時に集合なのに、6時前にSちゃんからもうすぐ着くよ!!みたいなラインが届いた。

1時間勘違いしていたみたいで、引き返して行った~( ´艸`)

7時の集合時間には雨も止んでいて一安心。だけど山道はぬかるんでいるだろうな~

8時半 高速を下りて結構細い山道を通り、嘉例沢森林公園駐車場到着

登山開始~雨が止んだのは良いけど、

ガスで景色を楽しめないまま30分で鋲ケ岳到着

ハイキングチームでも大丈夫そうな道だったけど、

高速使ってココで終わるとかあり得な~い

H27104

次に目指すのは烏帽子山

なだらかなハイキングコースが続きます。

ガスはドンドン酷くなり、道は下ったり登ったりの繰り返し、

目的とする山の頂上がガスで見えないまま

到着予定時間11 時を過ぎてもまだ山道を下ったり登ったりしてた時は

道に迷ったんじゃないよね?!ってマジで不安になった時もあったけど

時々案内表示も出てるから道に迷ってるわけではなく、歩くのが遅いだけ。

なんとか頑張って烏帽子山到着~

H27104_2


ガスってます~モヤモヤ~

並び方もバラバラ~

ココで楽しいお弁当タイムをしていたら、

普通のスラックスと白いワイシャツ姿の、二人組の男の人が登ってこられたwobbly

まるでお昼休みのサラリーマンが

公園を散歩してたらいきなり山頂に着いたんだけど・・・・って風。

でも足元みたらスニーカーが泥だらけで、

スラックスも尻もち付いた感じにお尻汚れてたし、苦労の跡が見えた。

次に登ってこられた男の人は、長靴だったwobbly

どんなスタイルで登ってもOK~

お腹も膨れて後片付けをしてたら、大きなお猿発見P_20151004_122453

下山は道がぬかるんでるから足元が悪いし

何度も滑って、尻もち付きそうで怖かった。

帰りに近くの牧場でソフトクリーム食べようよ~って誰かが提案してくれたので

それだけを楽しみに頑張った。

P_20151004_151746
新川育成牧場のソフトクリームの小さいの

甘さ控えめ、脂肪分も結構さっぱりめで美味しかった~

P_20151004_152834


羊さんも遊んでおられた

この後金太郎温泉に浸かりのんびり~spa

岩風呂にエステ風呂に色んなジャグジー、勿論露天風呂もあって

チョットお高いけどまぁ~良いかな~と思った

帰宅後はいつものように、Iさん家に集合して、みんなで酔っ払いになりましたwine

2015年10月 7日 (水)

第1回 ゆるゆるハイキング会活動報告

先月末Sちゃん・ミカエルさん・himachanの4人組みで

ゆるゆるハイキングに行ってきたmaple

確か春までこのグループでの活動は、

女子登山部ということになっていたと思うのに、

山ガールのSちゃん的に名前が気に入らなかったみたいで、

ハイキング会に改名された~ランクダウンdownなのだ。

行き先は、龍神の滝・百閒滑コース

当日は生憎の曇り空だったけど、日程を返るのも面倒なので決行した。

Sちゃんの運転であわすのスキー場まで行き、

駐車場で登山靴に履き替えたり準備~

himachanも可愛いトレッキングシューズを買っておられたわlovely

あわすのスキー場から綺麗に整備された遊歩道を歩いて、

P_20150926_111457


P_20150926_111520


P_20150926_114126

百閒滑を眺めつつゆるい坂を歩いていると、龍神の滝が見えてくる。

P_20150926_115223

  さらに坂を昇ると龍神の御神木

3人が手持っている竹の棒は、

あわすのリフト乗り場横に、ご自由にお使いくださいと置かれてた竹の棒。

道がぬかるんでたから、借りて良かったscissors

P_20150926_115815

松尾の大杉が出現

ここで引き返して、龍神の滝が良く見える場所に置かれてた

ベンチでお洒落にティータイムにしたP_20150926_120911
考えてみればこの活動も3回目。

最初に行った尖がり山では皆マジ手ぶらで、リーダーのSちゃんが

コーヒーからお菓子まで全てを用意してくれて、

お客様状態で参加する形でスタートしたけど

今では何の打ち合わせをしなくても、各自出来る範囲で持ち寄るようになった。

私達って成長しているshineすばらしい~crying

でもココで話した内容は、欲にまみれた話だったけど・・・・

しかも霧雨の降る中・・・( ̄◆ ̄;)

霧雨の中そんな話をしても仕方ないので、車へとスタコラ坂を下った

・・・・・・・・と、もうすぐ車に乗れる~ってとこまで来て4人共手にしっかり

お借りした竹の杖を持っているのに気づき、

再びUターンし結構坂を上って杖を返しに戻った┐(´-`)┌

お待ちかねのランチは、プモ・リ

私は全く知らなかったけどスープカレーの有名なお店みたい

P_20150926_132712

私のチキンと野菜のカレー

チキンカレーを基本に色々なカレーがあるみたいで

骨付きのチキンって食べ難そう~って思ったけど、

簡単に骨とお肉が別れるから平気~

深い味わいでかなり美味しかった。

こんな場所でこんなに美味しいカレーが食べれるなんて想像していなかった。P_20150926_132813
himachanの食べたチキンと卵のカレー

P_20150926_133003

ミカエルさんSちゃんのオムカレー

次回はオムカレーを食べてみよっと~happy01

この後グリーパーク吉峰で汗を流し、

入口の野菜販売コーナーで、各自野菜をたくさん買い込んで家に戻りました。

次回の活動はら来春の予定。

先日Sちゃん「アウトドア会に名前変えよかな~」って呟いてましたけど・・・

プランナーSちゃんからの、お誘いが楽しみだ~lovely

2015年6月 5日 (金)

第2回 女子登山部活動報告

先週の土曜日、女子登山部の部員4名で

上市の城ケ平山に登った~fuji

この山の近くには、おおかみこどもの雨と雪のモデルになった

古民家「花の家」があって、そこにも立ち寄るし、

温泉にも入るし、楽しいことが一杯のプランshine

朝9時過ぎ、ミカエルさんの家の車庫に車を置かせてもらい、

(そのせいでご主人を家から追い出す形になってしまい、申し訳なかった~sad)

登山部リーダーのSちゃんの車に相乗りして出発~rvcardash

途中のコンビニでおにぎりとコンビニスイーツ購入riceballcake

車を大岩親水公園の駐車場に止めて、

日焼け止めを厚塗りしたり

虫よけスプレーを振り撒いたりアレコレ支度を整え出発rock

ここは登山と言っても1時間で登れる山なの。

P_20150530_124355

でも私達は、途中にあるベンチに座って何度も休憩するから

1時間半かけて登頂する予定でスタート

P_20150530_100024





P_20150530_101900
見晴らしのいいポイントには、休憩用のベンチが置いてあり

これは最初のベンチからの景色。

P_20150530_103750

森林浴~気持ち良い~P_20150530_110718


急斜面で疲れて口数も減っていく人々・・・分かりやす


P_20150530_111654


汗をいっぱい掻いて頂上に到着~sweat01

himachanは電池が切れてしまいベンチに座り込み、

Sちゃんと私はコーヒーの準備、

意外と元気だったのがミカエルさんで、

皆がお茶してても、夢中でワラビを採っておられたわclover

P_20150530_113204
疲れた時は甘い物が美味しいよね~

この後おにぎりも食べて元気回復。

P_20150530_114613
記念撮影も終え次の目的地、花の家に行くために下山~P_20150530_121518

 

 

勿論下山の時も休憩します~

大岩さんまで下山して、百段階段の真ん中当たりの旅館で

名物のソーメンと白玉P_20150530_125437
白玉はミカエルさんの物~

名水で作るからか、沢山歩いたからか、家で食べるソーメンとは

比べ物にならないくらい美味しい~

お店の人に花の家に行く道を尋ねたら、歩いていくと40分くらい掛かり、

車で行くには道がとても狭くて止めたほうが良いっぽい事を言われ

片道40分歩く根性無いよね~って私らの心はすっかり折れて

大岩さんへ参拝に行って、Sちゃんとhimachanが御朱印を貰いに

社務所に寄り話してたら、花の家に行くには、

城ヶ平山から花の家に行く道があって、

ココまで降りてきては駄目だと初めて教わった~catface

でも今日は人が少ないから、車で行っても平気かもしれないわ~って

アドバイスされ、Sちゃんが細い山道を迷いながら上ったり下ったりしながら

連れて行ってくれた。

行きたいという割りに全く調べてなくてゴメンナサイcrying

P_20150530_140202_4

家の中に世界地図の白地図が置いてあって、

自分は何処から来たのか名前を書いて帰るの。

アニメは日本の文化だから、世界中から花の家を見学に来られてた。

P_20150530_141007_2

奥に畑も再現されててP_20150530_142222


昔ながらの台所に

P_20150530_142248_7


可愛いお風呂

管理されてるお爺さんも優しくて、写真のペスポジを教えてくれて

何枚も写真を撮ってくれた。

その後、汗臭い身体を大岩不動尊の湯に浸かりさっぱりして、帰ってきた。

湯上りには、お決まりの瓶牛乳も飲んだtaurus

先月の大鷲山登山は、翌日太ももが筋肉痛で、階段を降りる時が

辛かったけど、今回くらいの山だと平気だったわ~フフ~ンnote 

第3回女子登山部の活動は、秋の予定で~すconfident

2015年5月15日 (金)

大鷲山

10日の日曜日、町内の山グループの皆さん+友達のSちゃんの合わせて9人で

朝日町の大鷲山に登ったfuji

天気予報は曇りのち晴れと言うことで、午前中は曇ってた。

朝7時町内から出発~rvcarrvcardash

高速で朝日町まで行き、車は道の駅 市振の関に止めた。

(事前にネットで見たら、登山口脇の潰れたドライブインの跡地に

車は駐車出来るようなことが書かれてたけど、この日は柵があって

停めることはできなかった)

チョット駐車場のことでモタモタしたけど、登山開始~

この山の登山口は海岸線すぐ傍にある珍しい山。

標高817mだから、全てを自分の足で登るのだー

スタート直後急な上り坂が現れ、体がまだ慣れていないのでちょっとキツイ~

登り始めは肌寒かったのに、薄ら汗が出てくる~

でも久々の登山は楽しいな~

20155_2


登ってると時々見晴らしの良いところに出て、日本海が見えます

20155_2




途中の休憩所で記念撮影

20155_9


山頂近くは雪も残っていました。20155_8


緑の木々がとっても綺麗shine

春は山菜の季節で、私山菜取りもこの日の目的だったのに、

見つけることが出来ず残念。

それでも男の人たちは、奥の方まで捜しに入って少し収穫してた。

登山口から3時間で登頂~

20155_5


大鷲山 817m20155_4


ヒスイ海岸から ようこそ

楽しいお弁当の時間heart04

Sちゃんはバーナー持参で、お昼は袋麺noodle

Iさんのガス缶が不調で、Sちゃんのバーナー大活躍

20155_6
お天気もすっかり良くなって、山頂からの景色も最高

20155_7

しかし食べ終われば直ぐ下山down

20155_10
下山しながら時折見える景色も、晴れてたらとっても綺麗に見える。

下山して近くの温泉 朝日さざ波温泉地中海spaで汗を流し帰宅。

帰宅後Iさんのお家にお邪魔して、恒例の飲み会beer

富山で関西弁喋るSちゃんと私って、一体何処で知り合って友達になったんけ?

ってこの日何度も、何度も色んな人に聞かれ、

その度に「英会話教室のお友達なんです~」って品よく答えた~この響き大好きhappy01

 

2014年10月16日 (木)

紅葉の秋・焼岳で山ガール

山の話をもう一つ。

10月の3連休は超ヒマだと思ってたら、直前に焼岳登山に誘っていただき

行ってきたfuji

メンバーは旦那を含む男性3人と私

5時半に家を出て、8時頃安房峠付近の登山口から登りはじめたfuji

結構早いペースでガンガン登られるから、

ついて登るのが精一杯で、途中の風景を写す余裕なんて無かったけど、

山頂辺りの風景は、今まで登ったどの山よりも最高に綺麗だったconfident

Img_0592_2

Img_0596


Img_0598


Img_0599


Img_0600


Img_0601


Img_0603


Img_0604


Img_0606


Img_0608


Img_0611


Img_0613
3時間掛けて11時登頂。おにぎりも美味しいriceball

12時から2時間で下山。

帰りに「ひらゆの森」で日帰り温泉を楽しんだspa

平日仕事してるから、山に行けても土日位の私達が

こんな素晴らしいタイミングで山に行けるのは滅多に無いことで

この日は山に登れて本当に良かった。


この日の夜は、山に登ったメンバーで、我が家でおでんをつまみに宴会をした。

すると一緒に登ったIさんが、翌日はお蕎麦を打ってくれると言うので、

それを口実に又集まって宴会をした。

Img_0624

ウチの旦那が打った蕎麦は、茹でてる最中切れてしまったりするけど

Iさんの打ったお蕎麦は、お店で食べるお蕎麦みたいに美味しい~lovely

この日は飲み過ぎて、記憶が途切れ途切れだ

何かやらかしていないかかなり不安~shock

より以前の記事一覧