フォト
無料ブログはココログ

ブログバーツ

  • アンジェ

« 長男と波丸君 | トップページ | 頭がゴチャゴチャ »

2012年7月17日 (火)

心が痛みます

仕事中・・ある方のブログを見てたら、思わず目がウルウルしちゃったので、

 

私も記事をコピーさせてもらいます

 

 いじめられている君へ 


 

広い海へ出てみよう   東京海洋大客員助教授・さかなクン    ¤µ¤«¤ʥ¯¥ó

 

 

 

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。



さかな君の記事を読んで・・・・
子供の時は、部活動だったり、教室だったりが自分の世界全てで、
広い視野で見てみたら、狭い狭い隔離された所で起こっている、出来事。
ってことも分からないから、悲しい事件が起きてしまう。
もしも自分の子供が、同じ目にあっていたら、
直ぐにでも環境を変えてあげたいし、
子供に正直に、打ち明けてもらえるような親でありたい。と思う。

« 長男と波丸君 | トップページ | 頭がゴチャゴチャ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テレビでこのニュースを見るたびに心が痛みます。
今の子たちのいじめって本当に恐ろしい・・・。
昔もいじめはあったけど、自殺に追い込むほどのものではなかたし。
娘チャンも来年は一年生・・・正直、ちょっと不安です。

さかなくんの記事にほろっとconfident
世界に出てみると、自分の知ってる世界ってほんのちょっと。
ちっぽけだなってて思っちゃいます。
こんなに恵まれた日本なのに、自殺する人は悲しいことに1年で3万人いるらしいです。
今回の件もだけど、いろいろ考えさせられます。
今の自分にできることはなんだろう。

しのぶさん こんにちは~clover
連日いじめ事件の報道で、辛いですよね。
本当今のいじめって、怖いですよね。
誰が標的になるか分からないし、誰だってなる可能性があるみたい・・・。
最低限自分の子は絶対、守ってあげたいですよね。

めぐさん こんにちはclover
さかな君って、不思議な人・・・
最初変な声~って初め思ってたけど、こういう考えが
きっと、いじめに繋がっていくんですよね・・・。
逆に貧しい国の人は、自殺とかないんでしょうかね?
連日嫌な報道ばかりで、耳をふさぎたくなりますが、
ふさいだらダメなんですよね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514902/46358601

この記事へのトラックバック一覧です: 心が痛みます:

« 長男と波丸君 | トップページ | 頭がゴチャゴチャ »