フォト
無料ブログはココログ

ブログバーツ

  • アンジェ

トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

まだまだ

昨日友達のJ子ちゃんから、髪型変えたの~ってメールが来たから、

見せて見せてeyeついでに何処かでcafeでも・・・ってことになり、

二人でメイビーへ・・・・J子ちゃんどんどん髪がショートに・・・

でも顔が小さいから似合う。

美容師さんの話ではマッシュボブに襟足のある髪型らしい・・・難しいwobbly

私は豆乳チャイでJ子ちゃんサツマイモと粟のムース?だっけ?

会うのは久しぶりなのでゲラゲラ喋りまくってたら、

隣のテーブルの女の人、注文の品が来たとたん、

すごく立派なデジカメで撮影し始めた・・・・・

ゲゲッ sweat01sweat01  

私もブログ始めたんだっけ・・・・写真撮らなきゃ・・・・って

もうカップは空っぽsadデジカメだって持って来てないdespair

これ携帯で撮っとけば良いじゃんってJ子ちゃんに言われ一応撮りました。

結構良い感じかも・・・coldsweats01

110529_154607

まだまだ未熟者ですsweat01sweat01

とっても楽しい2時間半でしたcafe

2011年5月29日 (日)

ゆっくり

昨日は水泳の練習が休みだったので、のんびり出来てうれしいhappy01

そんなに練習がきついなら、水泳なんて辞めればいいのに・・・って

家族は言いますが、体力維持の為、ストレス解消の為・・・・

何よりこれ以上太ってはいけませんpig

だから久々に練習が休みだった昨日は、午前中はゆっくり家事をして、

お昼からのんびり本を読みながら、 イチゴタルトとコーヒーを頂きました~

0000318461_img

幸せ幸せheart04

2011年5月26日 (木)

息子たち

ウチには息子が2人います。

一人は社会人で一人は高校1年です

最近2人共親に相談を持ちかけてきて・・・とても邪魔くさいと言うか、

そんなことどうでも良いじゃん~我慢しろよdespair

と言いたい気持ちを抑えつつ、相談に乗ります。

上の子は「そろそろrvcarを乗り換えたい」と・・・

ここは田舎なので生活するにはrvcarは絶対とは言いませんが・・・

大体18歳になったら免許を取り、一人一台のrvcarをお持ちの家が多いいです。

息子は免許取立ての時は、運転もヘタクソなので、祖母が乗っていたrvcarを譲ってもらって

乗っていたのですが、そろそろ周りの友達が練習用のrvcarから、欲しいrvcarに乗り換え

始めたらしく・・・ヤツもウズウズブツブツ・・・頭金dollarは用意したとかナントカカントカ・・・

聞けばかなりの高級車shine身分不相応アホちゃうか。

と思いつつ、これは旦那に任す・・・。

下の子は部活の悩み・・・小学校、中学校と続けてきたものを高校でも

続けてやっているのですが、どうしても面白くないと・・・。

「大事な高校3年間、面白くない部活動をするのは、時間の無駄だ」と言う息子。

話を聞いていると段々そりゃあそうね。部活動は楽しくなくっちゃねup

・・・と思い始めた甘い私despair

中学校で指導してくださった先生に申し訳ないな・・・

今頃学校で先生に話している頃・・・どうなったやら・・・

2011年5月20日 (金)

ライラック

庭にライラックが満開だったので、
枝を切って玄関に飾ってみました
ޥ

ライラック.jpg

セブ島旅行 その10

つづきです。

本田さんの合図で船に上がった私たち。

これからどうするか尋ねられました。

違うポイントでもう1本潜るか、シュノーケリングを

するか、もう無人島に移動してバーベキューにしますか?

もちろんもう1本潜るでしょう~åޥ

1本目で40分程潜っていたらしいのですが、アッという感じでした。

つぎのポイント目指して船は進みます。

なんて楽しいの!!

次のポイントに到着。最初と同じように2つ目の結び目で耳抜き、

4つ目の結び目で耳抜き。

海底探検出発ですǮӵ

私1本目でも進むのが皆より遅かったり、皆より体が浮いたり、沈んだり・・・

どうして私だけこうなるの?って水中では喋れないのが辛いとこ。

あんまり遅いとはぐれるので、サヨさんが引っ張ってくれたりޥ

息子に小さなコバンザメが、まとわり付いて泳いでいました。

途中でコバンザメ、主人に乗り換えました。かわい過ぎ֥ϡ  

本田さん夫婦はクエストと言って小さな黒板みたいなのを持っていて

それに文字を書いて私たちに魚の名前を教えてくれます。

ナポレオンフィッシュって本田さん書いたけど、

私にはどの魚か解らなくて残念ܤ

魚の群れとも写真撮影に成功しました。

コピー ~ IMG_4336.JPG

途中右耳が痛くて、何度も耳抜きしたけど、違和感がある・・・


本田さんのそろそろ上がりましょうのサイン・・・・

アッという間の楽しい40分。

船の上で、息子に「途中で片耳痛くなった~」って言うと

「俺も。でも時間もったいないから我慢した」ってޥ

そしたら主人もだったޥ

船はバーベキューをする無人島を目指します。

凝り性の主人は早速本田さんに、Cカードの取り方の相談してた。


2011年5月19日 (木)

セブ島旅行 その9

旅行のつづき

ブーツ、ウエットスーツ、ウエイト、タンク等装備してもらい、

プールに膝をついて、さっき講習で説明を受けたことを

まず本田さんがお手本をして順番に一人一人していきます。

私は習ったことを、プールで順番にしていってる間中、

息しなきゃ息しなきゃ・・・って頭にあるのは呼吸のことだけ、

レギュレターを吸えば酸素は入ってくるのに、

ドンドン辛くなって、苦しくなって・・・・

もう無理・・・立ち上がろうۤ

って思いながらも、

みんな私の夢に付き合って来てくれてるのに、

私がここであきらめたらだめだぁ~。って意地っ張りな性格なものだから・・

自分に落ち着け落ち着けと言い聞かせ・・・

(事前の講習でこういう風な話も聞いていましたし・・・)

何とか落ち着きを取り戻して、一応プール講習もクリアしましたޥ


ちょっと私ゲッソリ。なのに息子は楽しい!!って叫んでた。

いよいよ船に乗ってダイビングポイントまで移動です。


バンカーボート.jpg

こんなバンカーボートで40分移動。

コピー ~ IMG_4307.JPG

船の中は、船のキャプテン、私たち4人、本田さん夫婦、

本田さんの手伝いをする現地の人2人の合計9人です。

本田さんの奥様はフィリピン語で現他の人に指示してました。

今日の予定は体験ダイビングとアイランドホッピングです。

無人島でバーベキュをしたりシュノーケリングをするツアーを

アイランドホッピングと言うようです。

バンカーボード横揺れしないように設計されてるいるらしく、

快適です。ホテルの方角に真っ黒い雨雲が出ていました。

M子さん耳抜きが苦手らしく、船の上でもズッと練習していました。

努力の人です。

ポイント到着。ポイントには沢山の船が停まっていました。

いよいよダイビング~キャー緊張する!!
 

船の梯子を下りて船の先からロープが海中に下がっているので

それをつたって潜ります。

ロープに結び目がいくつもあって、

2個目の結び目を触ったら耳抜き。

4個目の結び目を触ったら耳抜き。と言う風に耳抜きは細かくして行ってください。

と最後の説明の後、本田さん、息子、M子さん、主人、私の順に入ります。

ついに私の番。梯子を下りてソレッって手を離してブクブクブク入水。

1個目2個目の結び目触った。

耳抜きしなきゃ。目を瞑って鼻つまんで、唾を飲んで。よし出来た。

結構落ち着いて出来ました。

本田さんが私の顔を覗き込んでOK?ってサインをしてるから

私もOK。って。また3つ目4つ目の結び目触って耳抜き・・・って繰り返してたら

海底にたどり着きました。

先に潜った皆が海底で膝を着いて私を待っていました。

そこで安全のため軍手が配られれて、水中散歩の始まり・・・。

キャーメチャ綺麗֥ϡ

可愛いお魚がいっぱいǮӵ

すごーい すごーい!!

私の夢かなったじゃん。すごーい

コピー ~ IMG_4308.JPG

プールではあんなに苦しかったのに、

海底では魚に夢中で苦しんでる場合ではない。って感じでした。

私たちは体験ダイビングなので4.5メートルしか潜れません。

泳いでたらとっても深~くなる境目があって

深~い海は薄暗く、大きな魚がゆったり泳いでいました。

怖いような気がしました。

本田さんの上がりましょう。ってサインでみんなで水面に上がりました。

2011年5月18日 (水)

陶芸

3月の3連休に

妹と姪っ子達が遥々神戸から遊びに来てくれましたż

富山県の観光シーズンにはちょっと早いので

ネットで色々調べた結果、

射水市にある陶房「匠の里」で陶芸の1日体験に行ってきましたޥ

粘土をこねてロクロを使って作品を仕上げます。

先生は粘土を自由に操るのですが、私たちはそうはいかず

大人も子供も真剣でした。

出来た作品は先生が焼いてくださり、1ヵ月後に受け取れます。



やっと本日取ってきました。

P1010005.JPG


P1010004.JPG


大人が作った作品と子供の作った作品に分けて撮影してみました。

私が作った物は今夜から食卓で活躍してもらいますޥ

使うたびに作った日のことが思い出されると思います。

2011年5月17日 (火)

セブ島旅行 その8

旅行の続きです。

ファンシーダイビングの本田さんが8時半にホテルまで迎えに来てくれました。

私たちは水着にパーカーやTシャツを羽織って車に乗り込みました。



セブ島には日本人が経営しているダイビングショップがいくかあるし、

日本人インストラクターが常駐しているショップもいくつかあるので、

言葉の心配はありませんでした。

でも、以前本屋でダイビング中の事故について書いた本を立ち読み

したことがあって、責任感の無いアルバイトのインストラクターに

当たってしまったその人は命を落としそうになった。

と言うような内容でした。

だから私たちはダイビングショップ選びは、

いくつものホームページを見て検討しました。

本田さんの店のホームページには、本田さんが思う「良いダイビングショップの

インストラクターとは・・・」みたいなことが書かれてあって、とても共感

出来た点と、今回セブ島で私たちがやった、アイランドホッピングの

料金の内訳も詳しくて載っていて、とても信頼できる感じがしたからです。


例のホテルの大きな鉄製の扉が開いて、車がホテルの外に出たら、

ホテルの近所に住むセブ島の子供たちが、

ニコニコしながら私たちに手を振ってきます。

たぶん、ホテルのお客さんはこの子達にお菓子とかあげてるのかな?

と思いつつ私は手だけ振りました。


そして本田さんのダイビングショップに着き、

おくさんのサヨさんが紹介されました。

今日は他にお客さんがいないため、ご夫婦で私たち4人に

同行してくださることになりました。

とてもラッキーですޥ


まず、プールサイドのパラソルの下で講習です。

耳抜きの仕方、身体に異常が起こったときの緊急浮上の仕方

水の中でのサインの練習、マスクに水が入ってきた時の対処法

レギュレーターが口から外れた時の対処法、

水中で触ってはいけない生き物の事等等。

結構長い講習でした。

息子は死んだような目をして、ボーっと聞いてました。

こいつ授業中もこんな風だろうか?å

と思いつつ、私も側で昼寝をしている猫を眺めていましたä١

ノンキなのはここまででした。

いよいよプール実習です

2011年5月16日 (月)

セブ島旅行 その7

先日、仕事が早く終わったので、

M子さんに旅の写真を届けに

M子さんの会社に初めてお邪魔しました。

なんて広い駐車場!!

雪かき大変でしょう?って雪国のトークをしてしまった。

大家さんが、ブルドーザーをお持ちなので、雪かきは心配ないとか・・・

事務のYさんも一緒に写真を見ながら、旅の思い出話をしました。

M子さんフィリピンの今後を大変心配されてました。

「どうにならないものかしらねぇ」と何度も何度も・・・・


旅行のつづきです。

今日は今回の旅の目的、ダイビングの日です。

ファンシーダイビングの本田さんが8時半にホテルまで迎えに来て

くれるので、ホテルのオーナーには、7時に朝食をお願いしました。

7時に食堂に行っても、食堂は薄暗くホテルの人誰一人いなくて、

何の準備もされていません。

主人は、勝手に食堂の扇風機を付けてスタンバっています。

私は部屋に戻って

M子さんに「変なんですよね~食堂誰もいないの~」
  
って言ったら、

M子さん「アッ携帯のアラーム日本時間のままよ」

って、まだ、フィリピン時間では6時だったのですå



フィリピンはモーニングコールとか無いらしく、

私たちは携帯のアラームを目覚ましに、

主人なんて日本から電波時計の目覚まし持参しました。

日本の電波時計だからかフィリピンでも日本の時間を勝手に表示します。



私たちは急いで部屋に撤収して、もう一眠りしました。

1時間後ちゃんと食堂には食事の準備が整えられていて、

主人が「なるべく珍しい果物を出してください。」とオーナーにメールしていたので、

朝からヤシの実を庭で割ってくれて、皆でヤシの実のジュースを

回し飲みです。

コピー ~ P1010021.JPG

飲んだ後、実を割ってくれて、中のココナッツもスプーンですくって食べました。

生ココナッツは初めてです。

ほのかに甘くて、トローンとしていました。

コピー ~ P1010023.JPG

他にも、マンゴー・パパイヤ・パイナップルを出してくださいました。



ヒノデビーチのオーナーは日本にも家を残したままで、

毎年桜の時期と、紅葉の時期は日本に戻られるそうです。良いとこどりです。

でも日本に戻ると、なんかセカセカ忙しくなんか身体の調子が悪くなるけど、

セブに戻るとスーッと身体の力が抜けて、身体の具合もホンマようなります。

セブはシャワーも日本程熱いお湯が勢いよく出るわけでもなく、

トイレの事情も余りよくない、ネットも繋がりにくい、

だからそういうのが気になる人には凄いストレスがたまると思いますが、

そんなのよりものんびりとした時を過ごしたい。って人には、

良い所です。

長期滞在していかれたら、子供の表情がまったく変わるんですよ~

って、話されていました。

確かにヒノデビーチさんにずっといたらそうかもね・・・。

オーナーって毎日お庭でのんびりコーヒー飲んで、

過ごされているんだろうな・・・そりゃあ良いよね・・・

私たちセカセカ忙しい日本人なので、水着に着替えなきゃ・・・

オーナーを一人残して、私たちは部屋に急ぎました。  

2011年5月15日 (日)

セブ島旅行 その6

つづきです

ホテルに到着したら、運転手さんが私たちのスーツケースを

降ろし、主人は私に運転手さんにチップ忘れないように。

とだけ言ったら、スーツケースを持ってホテル入り口に・・・

私はチップを渡して、サンキューって言ったのに、運転手さん

何か私に訴えます。

チップが少ないの?å

と思いましたが、運転手さん自分の携帯を取り出して「800」と

・・・Ҥ᤭ASレンタカーさん日払いだったのですޥ


私たちの泊まるホテル「ヒノデビーチ」はオーナーが日本人の方で

京都出身とおっしゃっていました。

ハンナリとした関西弁を話されます。

リゾートホテルと言うよりも、ペンションって感じで、

とてもアットホームな雰囲気です。

どうしてここに宿泊することに決めたかと言うと、

息子結構好き嫌いがあって、フィリピン料理が合わなくても、

オーナーが日本の方なら、融通が利くかな・・・って考えたからです。

でも結局親の取り越し苦労だったようで、何でも喜んで食べていましたޥ


ヒノデビーチ.jpg

私たちの部屋はここの1階で、他にもコテージ風の建物や、

売店の建物、食堂、プール等広い敷地にいくつもの建物が建っています。

こんなに広かったら、芝生の管理や、草むしり従業員さん達大変やろなぁ~

って、ついつい余計なこと考えてしまいますޥ


ヒノデビーチ2image.jpg


オーナー私たちの到着があまりに遅いので心配してくれていたようでした。

メール連絡がうまくいってなかったみたいで、

ヒノデビーチからも空港まで迎えに行ってくれてたらしいです。

まずエステにキャンセルの電話をしてもらって、

部屋でシャワーをして、20時半からちょっと遅い夕飯です。

成田・マニラ間のJALで食事をしたっきりなので、

皆おなかペコペコ。

緊張も解けて、食べて、飲んで、喋って、笑って、あ~楽しい!!


コピー ~ P1010011.JPG

クモ貝のお刺身
お刺身の横には、ウミブドウ(沖縄だけの物じゃあないのですね)


コピー ~ P1010010.JPG

イカのお刺身


コピー ~ P1010014.JPG

お肉の炭火焼き と 炒め物 後イカリングとか色々
チャーハンを出していただいたのですが、細長いアノお米は苦手でした。

コピー ~ P1010013.JPG

かんぱ~い

コピー ~ P1010015.JPG

マンゴー


マッサージとエステが出来なくなりカッカリしていたのですが

ホテルの従業員の人で、マッサージの資格を持っている人がいて、

食後部屋でマッサージをしてもらえることになり、M子さん大喜び。

私はM子さんのマッサージされる様子を見ていたのですが、

M子さん旅の疲れで半分夢の中・・・気持ち良さそう。

マッサージ全身1時間たっぷりやってもらって、500ペソ(1000円)です。


明日はいよいよダイビングです。

2011年5月14日 (土)

セブ島旅行 その5

セブ島旅行のつづきです。

離陸時間なのに飛行機は来ませんܤ

特にそれらしいアナウンスも入りません・・・多分。

カウンターの係りの人に、時々何か言いに行くお客さんがいます・・・

何か聞いて又ソファーに座ってしまいます。

私はもちろん、主人もカウンターで質問して、それを聞き取るほど

英語力は無いようで、じっと待合ロビーで待っていますܤ

そうこうしてたらやっとそれらしい飛行機が飛んできて、お客さんを降ろして、

やっとやっと私たち乗れました㤭Ф


さすがローコストキャリアです。

お客さん降ろして、アッという間に乗せてくれます。


15時50分離陸の予定が、結局17時30分離陸2時間遅れです。

着陸は19時です。



後でホテルのオーナーに聞いた話では、セブパシフィック

遅れることは普通だそうで、乗客が少ないとフライト中止

ってこともあるそうです・・・ۤ

そんなセブパシフィックですが、揺れることもなく、

途中CAさんと、ジャンケンゲームみたいなこともあって賑やかでした。

もちろんJALみたいなサービスはありません。安いのでޥ

20時にファウンテン・アロマ・マッサージ&サロン

で、M子さんとエステとマッサージの予約してたのに・・・

キャンセルしなきゃ


飛行機の外はすっかり夕方です


P1010009 - コピー.JPG

19時着陸して、荷物もピックアップしたら空港出口付近で

セブでの送迎などを全てお願いしているASレンタカーの

運転手さんが、私たちの名前の書いた看板を持って迎えに来てくれていました㤭Ф

そして車に乗り込んで、まず両替所にそれからセブで3泊お世話になる

ホテルへ向かいます。

セブの町はマニラに比べたら全然のどかで、ホッとします。

リゾート地といってもハワイみたいにホテルがズラーっと

並んでるわけでもなく、時々大きなホテルがポツンポツンって感じです。


両替所は町のタバコ屋の一角みたいなとこで金網の中の人とお金を

やり取りします。一応運転手さんも主人も横についていてくれますが

ここで襲われたら、最後かな・・・って感じでした。å

後で聞いたら、息子は息子で一人車に残されて、車を強奪されたら

俺は終わりだな。って思ってたらしいޥ


ホテルまでの道はスラム街を通るのですが、

人々はセブの気候が暖かいせいか、そんなに悲しそうには見えなかった。

野良ヤギも歩いているし。


でも、ホテル前には大きな大きな鉄の扉があり、クラクションを鳴らせば

鉄の扉を、銃を持った警備の人が開けてくれます。

やっぱりここはフィリピンだな。って感じでした。

つづく

2011年5月13日 (金)

セブ島旅行 その4

つづきです。

あ~気持ち悪い~と思いながら入国審査の列に並びなからも

あたりをキョロキョロすると、あんまり日本人はいない感じでした。

主人からフィリピンのマニラは怖いところだから用心するよう、

むやみにデジカメも出さないように言われていましたܤ

入国審査を済ませ、ターンテーブルからスーツケースが出てくる間にトイレに・・・

フィリピンのトイレ事情はあまりよくなくて、

便座か無いところもあります。

そういう時は腰を浮かせてするか

(有り得ない。と思っていましたが、やれば出来る物ですޥ

便座に乗ってやるか(これは、足を滑らせたら・・・って考えると出来なかったです。)

それに紙を流してはいけないみたいで、使った紙は横のクズカゴヘ入れます。

空港などのトイレは便座もあるので安心ですޥ

空港のトイレは、お掃除の女の人が2人もいて、とても綺麗だったけど

私の横で手を洗っていた女の人にチップを要求してる感じだった・・・

私はマジでNO MONEYだ・・・って私には何も言ってこなかったޥ

スーツケースをピックアップして、M子さん空港の両替所で少し両替して

ターミナル1を出た。

次は、主人の心配の種ターミナル1からターミナル3への移動

4人でスーツケース4つだとタクシーで2台になります。

ここは危険なマニラ、女2人でタクシーに乗せて大丈夫か?

と思っていたら、

偶然空港内を走る無料のオンボロシャトルバスが停まっていて


走り寄って乗り込みました。バスはとっても込んでいてとても暑い

私の横のアジア系のおじさん、私に話しかけたそう。

チラチラ見てきます。

英語で、何処から来たの?って聞かれたのに、

私ったらジャパニーズって言っちゃった。バカ丸出しۤ

おじさんこの一言で私の英語力を悟ったみたいで、

2度と話しかけてこなかったå

ターミナル2で結構お客さんが降りたので、私たちは並んで座れました。

道路は車だらけで、右折、左折、割り込みってガンガン走っています。

躍動するアジア!!って感じ

無事にターミナル3に到着。スーツケースも4っつ無事ޥ

ここからセブパシフィック航空のセブ島行きに乗ります。

569便 離陸予定時間15時50分です。

ターミナル3は新しいので明るく開放的です。

ここで、暑くてたまらずスーツケースからTシャツを引っ張り出し、

トイレで着替えました。

又、搭乗手続き、スーツケースを預け、セブ島行きのゲートへ移動

私は半袖になってすっかり気分もよくなりました。

空港から見えるマニラの風景を撮影

写真からだととても穏やかな風景


P1010008 - コピー.JPG


P1010007 - コピー.JPG

アレッ?・・・離陸時間になっても飛行機が現れません・・・何故?。

つづく

2011年5月12日 (木)

セブ島旅行 その3

昨日会社に来られた、A社のM氏に

「ゴールデンウィークはどうされてました?」って尋ねられて、

「ダイビングしに出かけてました」って答えると、

いつも冷静なM氏「なんですとぉーーー」って芸人のようなリアクションsmile

人を驚かすのが好きなので、とっても嬉しかったsmile

旅行の続き

飛行機は成田を9時半に離陸、マニラ着は13時05分 4時間35分の空の旅。

時差が1時間あるので、4時間35分です。(日本時間で言えば14時05分着)

飛行機に乗り込むと、まずヤヤコシイ入国カードを書いてしまいました。

英語だらけで、訳け解りません。

Imgfef73660zik1zj

入国カードと格闘中のM子さん

それも何とか書き終えたころ、離陸です。離陸と着陸の時の揺れって私は少し苦手です。

無事離陸して、映画でも観ようかと・・・

最近って座席のモニターで好きな映画を選べるんですよね・・・

実は私こういうタイプの飛行機初めてです

4年前韓国に行った飛行機は、ダサイシートで何も付いていませんでした。

昔々新婚旅行の時は機内の大きなスクリーンで、皆で同じ映画とか見ていました  

よね。

今回は「英国王のスピーチ」見ました。

見始めたころ、機内サービスの食事が早々と運ばれます。

Imgcbc488fbzik7zj

後から、ハーゲンダッツのアイスやコーヒー等も頂きました。

朝食のバイキングあんなに食べなきゃよかった・・・ってちょっと後悔しながらも、

M子さんと乾杯beer

機内食食べながらM子さんが、「今回の旅行で観光に行くボホール島に

知り合いが住んでいるんです。でも今は丁度日本に帰国中で・・・」って

エ~ッ凄く残念ですね。そんなところで知人に再会出来たら、凄く楽しいのに~

って、話してると後でちょっと楽しいことに繋がったんですよねhappy01

それから、飛行機の窓からすぐ横を飛行機が飛んでいるのが見えて、

のんきな私は空も混んでるんやなぁ~位しか思わなかったんだけど、

後で主人が言うには、あれはかなりヤバかったらしい、ニアミスらしいcoldsweats02

それにこの飛行機、上空でも結構揺れて、私少し酔ってたbearing

着陸の頃も思いっきり揺れて、もう私ヤバイかも無理かも・・・って時に着陸した。

隣の白人さん、アーメンって十時切ってたしcatface

ゲッソリとして飛行機降りて、

マニラ空港第1歩目・・・蒸し暑~い・・・うわぁ独特なこの臭い

・・・私この国無理かも・・・合わないかもcrying

つづ

2011年5月 9日 (月)

セブ島旅行 その2

4月29日 まだ日本です・・・セブ島は遠いいですdespair

朝6時半コンフォートホテル成田にて朝食bread

昨夜の夕飯が軽めだったので、朝はしっかり頂きました。

 
  朝食はバイキングです。

Imgfd011178zikdzj

7時にホテルをチェックアウトして、京成成田駅から電車に乗って

隣の成田空港第二ビル駅へ移動traintraintrain

ようやく成田空港到着happy01

ここまで長い旅でした・・・でもセブはまだまだです。

成田空港は震災の影響か、ゴールデンウィークと言ってもそんなに混雑していません。

フジテレビのカメラが来てました。
とくダネ!の取材だったのでしょうかsign02

私たちは田舎者なので、広い広い成田空港キョロキョロeyeしたいけど

主人はサッサと家から送ったスーツケースを受け取ったり、搭乗手続きしたり、

スーツケースを預けたりドンドン進みますdash

今後出入国審査の自動化ゲートを利用できるようにするために、指紋登録もしました。

これは普通両手人差し指でするのですが、

私は人差し指の手荒れが酷くて登録できず、両手中指で行いましたdespair

登録には10分位必要ですが、一度しておくと今後楽だそうです・・・今後も連れて行ってくれるのでしょうかsign02

飛行機はJAL741便マニラ行き9時30分発です。

71番ゲートに向かう途中JALのビジネスラウンジ発見

Mg12120d94zik4zj

ビジネスクラスのお客様はここで自由に飲食できるらしいです。

いつかは、このラウンジに入りたいですlovely

時間が来たので私たちはやっとマニラ行きの飛行機に乗り込みましたairplane

続きはまた明日

2011年5月 8日 (日)

セブ島旅行 その1

4月28日~5月3日セブ島へ旅行して来ました
  

そもそもこの旅行が計画され始めたのは、多分約1年位前で、

私がふと昔々のことを思い出して・・・・・・

「私さぁ、独身の頃Y子ちゃんと三ノ宮歩いてたら、

ダイビングスクールの無料体験の券もらって、

それでダイビングスクールの深~いプールに酸素ボンベ背負って潜ったことかあってね。

 その後スクールの人が、沖縄の海中のビデオとか見せてくれて、

さぁ!ライセンスを取って沖縄へ行きましょう。って言ったの・・・。

私Y子ちゃんにライセンス取ろうよ。って言ったのに、

Y子ちゃんって、「お金ない。無理weep」って言ってさぁ・・・

私も一人で通う勇気も無くてさぁ・・・

でもあの時通ってたら私の人生変わってたやろなぁ・・・」って主人に言ったら、

「じゃあ、ダイビング旅行の計画立てる?」ってなって・・・

でも息子は一応受験生だったので

決行は息子が高校生になってから。ということになりました。

(と言うほど結局は勉強しなかったのですがcoldsweats02

それから主人は、初心者がダイビングするには、

どこの海が適しているか調べたり、現地に行くまでの時間的なこと、

予算的なことを考えに考えて・・・・・

場所はセブ島に決まりました~yacht

主人は旅行関係の仕事に就きたかった程旅好きな人で、

 今でも常に、費用を押さえつつ、楽しい旅の仕方を考えて実行しています。

だからこういうことを考えるのは得意なのですhappy01

なので今回のセブ旅行は本当に充実した楽しい旅でした。感謝感謝lovelylovely

忘れるのは勿体無いので、ブログに綴っておこうと思います。

今回の旅行は主人と下の息子、それに仕事でお世話になっているM子さんも一緒です

家族旅行は4年振り、最近仕事も忙しかったり、他にも色々あったので思いっきり楽しみた~い

4月28日仕事や学校を定時に終わらせ、18時車で富山を出発して小松空港へrvcardash

車内は今回の旅行の話で盛り上がりましたup

小松空港で搭乗手続きをして、スーツケースを預けて、2階に行って大急ぎで空港の立ち

食いうどん屋さんで、きつねうどんと、小さな鱒のすしを食べました。

食べて、19時55分JALの羽田行きに無事搭乗・・・airplane

座席は非常口の場所だったので、他の座席よりもゆったりしていて

なんちゃってファーストクラスでした。

主人はそういうところにまで、気を配ります。

21時05分羽田に到着。

そこから京成電車にのって成田駅まで2時間近くtraintraintrain

この電車通勤快速と言うだけあって、周りはお勤め帰りの方たちばかりでした・・・

その中私たち4人はスーツケース3つ(一つはすでに成田空港に送っています)

持ち込んでかなり邪魔だったかも・・・

ごめんなさいsad

本当はうちから最寄の富山空港airplane韓国のインチョン空港airplane

セブが一番の近道らしいのですが、私たちは訳あって

沢山乗り継ぎをしますwobbly

駅のホームの照明や、動く歩道、エスカレーター等節電のため所々止まっていました。

23時頃やっと京成成田駅に到着~今日はここまで。

京成成田駅前のコンフォートホテル成田で泊まります。

Img45c7f360zik8z

ホテルの向かいのローソンでオレンジゼリーを買ってM子さんと食べて、

シャワーを浴びて、明日に向けて急いで寝たのですが

慣れない場所と興奮のせいでなかなか寝られませんでした。

続きはまた明日~~~

2011年5月 7日 (土)

週に一度

今日は週に1度の水泳の日。

まず、水中ウォーキング100m

クロール50m*2本

バタ足50m*2本

ドルフィンキック25m*2本

背泳ぎキック25m*2本

右手クロール25m*2本

左手クロール25m*2本

クロール25m*4本
 
fishfishfishfishfishfish

     
終わったらヘトヘトだけど、気分転換出来てスッキリします

2011年5月 6日 (金)

お弁当作り

下の息子が高校に入学したので、毎朝お弁当作りをしています
 
息子のお弁当箱は大きくて、おかずスペースも広いため、お弁当作りはメチャメチャ辛いですwobbly
  
気が付けばおかずスペースは茶色一色ということも、チョクチョクありますcoldsweats02

ということで、図書館でこれ借りてきました。

Imgc3c0b79azikezj 

ブログにアップ出来る様なお弁当が作れるようになりたいです

2011年5月 5日 (木)

今日から

今日からブログ始めます。

慣れるまで大変かも・・・wobbly

トップページ | 2011年6月 »